CATEGORY

食中毒事故

ブリの照り焼きで集団食中毒とは?

厚生労働省のホームページを眺めていたら、令和2年度の食中毒事件一覧速報が載っていました。 その中で『細菌』『ウイルス』でなく【化学物質】が原因の食中毒が目に留まりました。1/1~3/31の間に合計4件、発症95人/給食680人という、死者こそ発生しませんでしたが、深刻な食中毒事故です。 それぞれの提供された料理は【ブリの照り焼き】【うるめいわし】【サバのオーブン焼き】でした。社員食堂と学校給食、飲 […]

メニューに生肉がある店は食べないで帰ろう

食中毒で処分(営業停止命令)後、再開日にまた発生 京都新聞の報道によると、会員制の焼き鳥専門店?で『鳥刺し12種盛り』『卵かけご飯』を食した人がカンピロバクターによる食中毒となり治療を受け、この飲食店は営業停止命令の処分を受けたそうです。 どんな料理を提供していたのか、ホームページを探しましたが既に閲覧できなくなっており、利用客のブログで写真を見ることができました。 鶏の内臓肉が部位の解説入りのお […]

備蓄のペットボトルの水は飲んで大丈夫!!捨てるな!!

水は腐らないですよね? 台風15号が関東地方を直撃し、たくさんの被害が生じました。 被災された皆様にお見舞いを申し上げます。 今回の未曾有の災害で、違和感を感じた報道がありました。『自治体が配布した備蓄していたペットボトルの水を回収した』というニュース報道です。『賞味期限が切れていたから』ということでした。 水に賞味期限ってあるの?賞味期限が過ぎるとカビが湧いてくるの?あるいは容器から何か有毒物質 […]

ジビエ料理は楽しみですが

先日、晩御飯を食べながら旅番組を視ておりました。夕飯となり出演の役者さんと芸人さんの前に供されたのは、『鹿肉のタタキ』でした。 役者さんはおいしそうに食して、『うまいうまい!』と舌鼓です。 我が家の食卓には緊張が走りました。おいおい・・・大丈夫か?? E型肝炎による重篤な肝臓障害が頭に浮かんでしまい、この番組を最後まで楽しむことができませんでした。 『新鮮なら生で食べられる』『自分で長いこと食べて […]

レバ刺しからギランバレー症候群へ

茨城県で発生 新聞報道によると、茨城県で忘年会で利用した飲食店で提供された、牛レバ刺し(低温殺菌)やセンマイ刺し、串焼きなどを食べた50代男性2人が、腹痛や下痢の症状を訴え、細菌「カンピロバクター・ジェジュニ」による食中毒と断定されたそうです。 この事故で入院中の男性は、体のまひや呼吸困難を引き起こし、最悪の場合は死に至る「ギラン・バレー症候群」と診断された。カンピロバクターを攻撃する免疫反応の影 […]

冷凍食品でもO-157食中毒になります

冷凍食品で食中毒になる?なんか不思議に思いますよね。できてるのをチン♪して食べるだけなのに?何で食中毒になるのでしょうか。 2016年に静岡県から発生した【冷凍メンチカカツO-157事故】の顛末を読む機会があり、勉強になりましたので、まとめてみたいと思います。 私たちがスーパーで買う冷凍食品は半分以上お弁当用でしょう。大人気のエビよせフライやのりっこチキンなど、お弁当のおかずが売場の半分以上を占め […]

宮崎県庁の鳥肉の生食マニュアルが存在する

生きることは食べること。全国では自分の住んでいる地域では食べないものを食べているので驚くことがあります。フグ(毒魚)やベニテングダケ(毒キノコ)などありますが、これらはご先祖様が飢えとの戦いで、犠牲者を出しながら開発したマニュアルでのみ食べられるものです。 南九州の宮崎県、鹿児島県では、鶏肉を刺身やたたきで食べる習慣があり、スーパーでは魚の刺身よりも売り場が大きい地域があります。これも食文化として […]

肉フェスの大規模食中毒は875人

2016年4月28日からのイベント『肉フェスTOKYO2016春』で大規模な食中毒事故が発生しました。お台場会場609人、福岡会場266人の合計875人という、稀に見る食中毒事故でした。 カンピロバクターという食中毒菌による事故ですが、提供業者もイベントの運営者も素人なのかなんなのか、危険な食品を販売した認識も反省も無いようで、2018年の今年もイベントを開催しました。 『ハーブチキンささみ寿司』 […]