レタスの食中毒対策は消毒しかない

ニュースで長野県が今年3回目の食中毒注意報を発令したと報じられました。県下でOー157が発生したとのことです。鳥取県・大分県も発令とのこと。この時期は体感でヤバイと感じるので皆さん注意はしていると思いますが、どうしても食中毒は発生してしまいます。

加熱して調理しない食品、レタスやキュウリ、キャベツが代表的な野菜ですが皆さんちゃんと消毒してますか?

レタスは外葉は捨てる。1枚づつ葉を外してボールに溜めた水で洗う。ここでボールの底をよーく見ると黒い土や塵が確認できます。水を替えて再び洗う。ここまではできますね。ではこの後どうするか?水を切って食べちゃいますよね。

では質問です。先ほどボールの底で確認できた黒い土や塵が、牛糞だとしたらこのまま食べますか?食べてよいのでしょうか?

畑の肥料として牛糞は普通に使用する資材です。『有機農法』とコピーを付ければ付加価値が高い食品として販売できるので、積極的に使用する農場も多いでしょう。

もちろん牛糞を発酵させる際に発せられる熱により、O-157を含む大腸菌群は死滅するとされているので、安全な資材として使われているわけですが、市販されている堆肥のうち4割近くから大腸菌群が検出されたという論文もあり、死滅していない前提で取り扱わないと、食中毒になる可能性が高まると思います。

広島県のHPをご覧ください。

レタスを生食(サラダですね)の際の手順が指示されています。目で見てわかる土や塵などの汚れを落とすこと(上記の理由で)。大量の水で水洗いそして消毒することです。

土=牛糞と置き換えれば、何をしなければいけないか想像しやすいと思います。私の子供のころはこれが人糞(いわゆる肥溜めの金肥というヤツ)でしたので、子供なりにリアルに危険を感じておりました。そして家庭科の調理実習では、教科書の指示どうりにママレモンでキャベツの葉を1枚1枚洗ったものです。

時代は流れて、レタスやキュウリ・キャベツなどを当たり前に生食する現代。化学肥料全盛で寄生虫(サナダムシ)の患者もほぼいなくなり、私たちの注意力が衰えた(芸能人が畑で野菜をまるかじりとかやらされてますね)所での有機野菜ブームです。渡部さん土を払っただけでかぶりついちゃダメだよ。ご主人がウチは有機農法だって言ってたじゃないの。O-157入りの牛糞が口に入ったかもしれないよ。あんな美人な奥さん残して死んじゃだめだ。

広島県のHPにもありますが、消毒をすることを習慣にしましょう。いわゆる塩素消毒が一番簡単で、コストもかかりません。花王の野菜・果物消毒用ハイター(月星ハイター)という消毒液があります。10リットルのボウルにワンプッシュと手軽です。撹拌して10分漬けて完了です。臭いが気になる人はそれをざるに入れて流水で洗浄すれば完璧ですね。

臭いの発生しないオゾン発生器を使った消毒も簡単です。3万円ほどで国産のものが手に入ります。また、食品加工業者さんはこのオゾン発生器で消毒作業をするようです。

オパシーアンチバクテリアルハンドジェル